読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝ち負けのはっきりとした世界。

オリンピックでの陸上400mリレー。

ある生徒が、100m×4人で何故40秒を切ることができるのかを力説してくれました。

(理由を考えるのは、いいこと!)

 

スポーツの世界には、勝ち負けがあります。

勉強の世界は、対戦相手が存在するテニスよりも、陸上競技の方がピンときた!

入試は勝負ごと、勝った負けたの世界、戦う相手は目の前にはいない。誰よりも点数を高く取り、一番を目指す…

 

いや、違うな。

陸上競技にアジア新記録という記録はあっても、アジア平均記録は無い。平均点や、偏差値はない。

 

入試での大きな基準になる偏差値は、簡単に言うと全体の平均があり、その平均から自分はどれだけ上なのか、下なのかというモノ。

 

学校の授業で、『体育の水泳が苦手なんだよな〜』は、しゃないなぁで済まされる。『数学の図形が苦手なんだよな〜』は、頑張りなさい!と言われる。

 

スポーツの格差社会は、当たり前でオリンピックのような祭典が注目される。

勉強において、平均が重視されている均等社会ではなく、スポーツのような格差社会が実現すれば、どうなるのだろうか。

 

何かを企むボク。

 

一番の企みは。。

f:id:coper-stage:20160827125208j:image

息子が始めたミニ四駆に感化されまくり!

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma