自立とは、自分がやりたいことを見つけること。

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180920154441j:plain

 

自立とは«自分がやりたいこと»を見つけること

 

「ちゃんと、言った通りに勉強するようになりました!」

「受験生として自立してきたと思います。ありがとうございます!!」

と保護者面談にて…

 

親や大人がやってほしいと思うことが出来るようになるのは自立ではないと思っています。

それは、周りの大人の都合ではないでしょうか?

単に「言わなくてもやるようになった」ということではないでしょうか?

 

ボクの考える自立とは「自分のやりたいことを見つけること」です。

たとえ、やりたいことがすぐに実現できなくても、立派に自立していると考えています。

 

やりたいことが見つかり、もし大人から言われたことが含まれているとしたら、

子どもたちは勝手にやります。だって、やりたいことのために必要なことだから。

 

自分の将来やりたいことが見つかり、夢のために学べる大学を見つけた時。

子どもたちは、その大学へ行くための受験勉強を必ず始めます。

 

やりたいことを実現するために必要なことは、勝手にやります。

 

「できれば、関西の大学に行ってほしい…」

「でも、志望校は本人に任せます…」

 

お母さんのお気持ちはよくわかります。

でも、どうか«彼がやりたいこと»を実現できるかどうかで

大学を選ばせてあげてください。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

少しづつでも良いから変化を続けていたら、人間は成長していける。

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180911220444j:plain

「今回は模試の受験を見送ります。」

理由は、受けてもできないから…

 

その気持ちは、とても分かる。

 

できない自分を知りたくない。

そんな自分を認めたくない。

 

さらに「自分はできるはずだ!」と勘違いしていたいというのも分かる。

 

でも、それでは成長ができない。

 

成長とは変化すること。

自分の変化を促す必要がある。

変わり続けていくことで人は成長できる。

 

変わるためには、今の自分の立ち位置を知って、努力の方法や量を考えるべきだ。

だから、今の偏差値という現実を知る必要がある。

 

「自分には勉強ができない」と口で言いながら、

「できている所があるかもしれない」と思っているのは、おかしい。

 

「忙しくて勉強ができない」と努力しないのも、おかしい。

 

しんどいかもしれないけど、模試を受けて自分の状況を知ろう。

 

今の自分の立ち位置を知り、どれだけ成長する必要があるのか。

 

成長するためには、どれだけの変化を必要なのか。

 

変化を起こすために、どんな行動が必要なのかを考えよう。

 

成長するためには変化が必要だと知って欲しい。

そして、人は変わることができるということも知って欲しい。

 

しんどいかもしれないけど、成長できたキミはもっと素敵だと思うから。

いきなり変わろうとしなくても良いんだよ。

 

少しづつでも良いから変化を続けていたら、人間は成長していける。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

じぶんの未来«ゆめ≫を思い描き、じぶんの未来«可能性≫を信じる!それが、自信につながると思う。

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180905210814j:plain

自分のことを信じることが「自信」につながると勘違いしていました…

今の自分を信じることができないと「自信は持てない」と間違えて考えていた。

 

今のじぶんを信じることができなくても、未来のじぶんを信じることはできるかもしれない。

じぶんの可能性を信じることができたら、今のじぶんでも自信が持てるかもしれない。

 

だから、未来のじぶんを信じられるように、≪ゆめ≫を持って生きてほしいと思う。

たとえ夢が無くても、漠然とした形でも良いから≪ゆめ≫を持ってほしい。

*夢と≪ゆめ≫は別のものとして使い分けています。

 

今のじぶんや、過去のじぶんばかりを見ているから自信が持てないのかもしれない。

未来のじぶんを信じて、じぶんの可能性を信じて、自信を持とう!

 

未来のじぶんの姿をどんな風に思い描きますか?

まずは、じぶんの未来≪ゆめ≫を思い描こう。

 

「夢を持とう!」と肩肘を張らなくてもいい。

なんとなくでいいから、じぶんの未来の姿を思い描いてみよう。

その姿は、きっとキミの未来≪ゆめ≫に繋がっていると思います。

そして、未来のじぶんの姿を信じることができたら、きっと自信に繋がるはず。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

成長したい方はいませんか?

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180806181232j:plain

志望校合格に向けて、偏差値を上げるための勉強をしている生徒がいます。

夏休み前の模試で偏差値が下がってしまいました。受験に向けて不安だから、分かっている問題を何度も解いて、分かっている問題の解き方を忘れないようにしようと間違った勉強をしようとしていました。

 

できる問題ができなくなったから偏差値が下がったのではありません。

できない問題、見たこともない問題にチャレンジすることが出来なかったから偏差値が下がったのです。

 

できる問題を何度も解いても学力はアップしません!

(学力維持しかできません。)

 

受験が近づき、不安な気持ちや心配になるのはわかります。

でも、不安では未来は変えられない。行動でしか未来は変えられない!と思います。

だから、行動してほしい。できない問題にチャレンジしてほしい。

 

できない問題にチャレンジするという行動で、キミの未来を変えられるはずです。

 

分からない問題を自分で解かずに誰かに解いてもらおうとする子ども。

 

できないことを自分でやらずに誰かにやってもらおうとする大人。

 

どちらも成長できない…

 

できないことを放置して、できることばかりをやっていたら成長できない大人になってしまいます。

ボクは成長できる大人になってほしいから、できないことや分からないことにチャレンジする行動力を身につけてほしいと思っています。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

【みんなと同じ】では、評価されなくなるかも⁈

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180803174055j:plain

 

学校に戻すことがゴールじゃない。

不登校の子ども達にとって、学校へ復帰することだけがゴールではない。

登校という結果のみを目標にするのではない。と国が明示した件について…

 

こちらの不登校新聞の記事に詳しく記載があります。

「学校に戻すことがゴールじゃない」文科省が不登校対応の歴史的な見直しへ

 

国として明示された「学校復帰のみ」にこだわらないという、教育機会確保法

 

実際に学校の先生からしたら、どう感じるだろうか?

学校で働く側からしたら、不登校の子には学校へ復帰してほしいと思うだろう。

だって、学校の先生は学校こそが最高の学び場だと思って仕事に励んでいるはずだから…公教育に携わる方には、そうであってほしいと強く願う。

 

ボクは私教育の人間として、学校以外の学び場を提供している。

だから、不登校の子の学校復帰にこだわらないという、国の意思を快く思う。

子ども達には、自らの体験から学ぶこと、教えてもらうのではなく自分で学び取ることにこだわっている。みんなと同じように同じ内容を教わって学ぶことを重視していない。

 

では、保護者としたらどう思うだろうか?

我が子が学校に行かずに、フリースクールで学ぼうとしているとしたら…

高校に進学せずに、働こうとしているとしたら…

正直、我が子の将来が不安になるだろう。

 

なぜ不安なのか?どうして、学校へ行って勉強ができた方が良い!と考えてしまうのだろうか?

 

原因の一つは、履歴書の学歴欄にあると思う。

名前や住所、生年月日を書いたあとにくる、学歴の記入欄が原因じゃないだろうか?!

 

学歴を書く場所が大きく陣取っている履歴書。履歴書の形が変われば、本当の生きる力を身につけるための学び場が広がっていくのではないだろうか…

 

学歴の変わりに、やりたい事・学んだ事に学んでいる事・できる事を書く欄が出来れば良いのに…いずれは、そんな時代が来るかもしれない。

 

明日からすぐに学歴不問の時代に突入するわけではないが、「勉強ができた方が良い。」「大学には行った方が良い。」という甘い考えでは生きていけない時代にすでに突入していると思う。

 

何を学び、何を経験し、何を望み、何が出来るのか。

が、生きる力として問われる時代…

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

「成績を上げるための勉強」と「怒られないための勉強」どちらの勉強をしていますか?

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180726212046j:plain

本気で成績を上げるために勉強していますか?

お母さんはキミのことを心配して、キミに苦労させたくないと思っています。そのために、成績を上げてほしいと悩んでいるんだと思います。

 

お母さんに怒られないために「成績を上げたい!」と言って勉強をしてないかな?

お母さんが怒るのは、キミのことを心配しているからです。怒られないために「成績を上げたい!」と言いながら答えを写すような行動をしていたら、当然また怒られます。

 

成績を上げたい!と言いながら、成績が上がらない行動はヤメにしよう。

「成績を上げてほしい」と悩んでいるお母さんは、わざわざ怒りたいわけではありません。キミに苦労させたくないから悩んでいるんです。悩み苦しんでいるからこそ、怒ってしまうのです。

 

キミもこの夏から本気で「成績を上げたい!」と悩み、「成績を上げる行動」をしよう!!

 

「成績を上げたい!」と言いながら、答えを写しているキミの行動はおかしいと思う。

 

キミのことを心配してくれている、お母さんの想いを知り「成績を上げる行動」をしてほしい。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!

大好きな子だから「嫌われたらどうしよう…」と不安になる。やりたい事だから「やってていいのか?」と不安になる。

子ども達に楽笑な日々を過ごしてほしい、塾長の石井克馬です!

楽笑(らくしょう)

“常に楽しく笑顔でいる状態を指す造語です”

「今日も、楽笑(らくしょう)!」と楽しく笑って過ごす大人になってほしい。

f:id:coper-stage:20180721212047j:plain

めちゃめちゃやりたい事をやっているから、ネガティブ感情が強くなって不安になるんだと思う。

 

だって、めっちゃ好きな人に既読スルーされたら、めっちゃ凹みますよね?

どうでもいい人に既読スルーされたって、そんなに気にならない。(腹が立つかも⁈)

 

大好きな人だから、「俺のこと嫌いなのかな?」「ほかに好きな人いるのかな?」「このまま好きでいていいのかな?」って、ネガティブな感情が出てきて不安な気持ちでいっぱいになる。でも、その不安な気持ちこそが相手のことを好きだという証だと思うんです。

 

「こんな事やってていいのかな?」「今やってることに意味はあるのかな?」「ほかにもっと凄い人がいるんじゃないかな?」と不安になりながらもやりたい事をやっている。やりたい事をやればやるほど、ネガティブな感情が強くなっていく。

 

不安になっている事こそ、やり通すべき!

 

不安になって「やっぱり、や〜めたっ!」では、いつまでもやりたい事をやり通すことができない。やることをコロコロと変えていたら、いつしかやりたい事が分からなくなって不安な気持ちにすらならなくなっちゃう。

 

「こんな事をやってていいのかな?」という不安な気持ちになったとしても。

 

あなたはそれをやっていい!やれる可能性があるからやりたいと考えて、不安になっている!

不安になっても「やりたい事をやっていいんだ!」「自分にはできるはず!」と思ってほしい。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

 

進学塾ステージ中山校の公式LINE@

「塾長の無料お悩み相談室」

友だち追加

▲個別トークで何でも相談にのります!