読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【進路相談】想いは伝えますが、進路を決めるお手伝いはしません。

キミが進む道を

自分で決めた時は

全力で力を貸します。

f:id:coper-stage:20170323004050j:plain

 

中学受験で学校を選ぶ時に「クラブが理由」って結構多いんです。

 

中高一貫校に合格後も塾に通ってくれている生徒から、今後についての相談があり。

・中学受験する事を決めたきっかけのクラブ活動を続けて欲しい。(ボクの希望)

・でも、全国クラスのクラブ活動なので練習はハード

勉強がおろそかになる可能性が高い。

・彼の人生は高校を卒業して終わりではない、高校卒業後も人生は続いている

・でも、中学受験の時に勉強を頑張っていた彼の姿を思い出し、高校で全国クラスのクラブに入って完全燃焼して欲しいと思う。(↑最初に戻る)

 

なんの答えも出ないどころか、堂々巡りのままに終わった相談でした。(汗)

 

ボクは進路相談という言葉が嫌いな所があります。

進む路(みち)」というのがしっくりこないんです。進路だと「あっちの道の方がよかった」とか後悔しそう。ましてや、人との相談で決めた進路だと【他責】になりかねない。自分の進む道は、自分で決めて欲しい。

だから、ボクは「人生相談」のつもりで話します。人生となれば、「答えなんてあるはずもない!」って思えるはず。そうなれば、後悔の念は出ないと思う。

 

ボクの想いをそのまま伝えました。あとは、ゆっくりで良いからキミの中にある基準で決めていって欲しい。人生に正解はないから。

 

自分で決めた道を突き進んでください。

決めた道を進むため、ボクに手伝えることがあれば、そっと全力で力を貸すから。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

プログラミング授業は遊びじゃない!!

プログラミングは

答えを作り出す作業。

大切な事じゃないですか?

f:id:coper-stage:20170319004410j:plain

宝塚市の進学塾ステージで塾長をやっている、石井克馬です!

 

今日のプログラミング授業は「何をつくる?」から開始!

生徒からは何のアイデアも出てきません。パソコンで色々なプログラムのゲームやムービーを見てもらい、触ってもらいました。

まずは「マイクラのようなゲームを作ることは難しい。」ということを感じて欲しかった。

 

「ゲームは作り手に楽しまされているんだよ。」

「ゲームをやって楽しいんじゃなくて、楽しくさせてもらっているんだよ。」

 

初プログラミングの生徒の様子を見ていて感じていたこと。

ボクはこのような作業系が結構、好きなので気にしてなかったのですが。

「プログラムはめんどくさい。マイクラの方が良い。」と最初は言っていました。

 

そして「何ができそうか?」という思考に入り。

できそうな範囲でボクがお題を出しながら、作成していってもらいました。

そして、できた大作がこちらです。

最後に消えていく文字の中で、うまく消えてくれない文字があり、調整に苦しんでいました。

他の人は見えないような細かい所。そこにこだわれるのが素敵だなと思いました。

 

細かくて面倒な単調な作業で設定をしていくのがプログラミング。

少しでも穴があると思った通りに動かないのがプログラム。

融通のきかないものを作っていると必要なことを考える力がつく。

答えのないことを何とかすることができる。

f:id:coper-stage:20170319005300p:plain

これからも、このプログラミング授業で伝えていきたいと思います。

走り出したばかりの授業ですが、毎週土曜日の大きなイベントとなりそうです。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

いろんな人からの想いや意見が人を育てる。

小学校入学祝いのランドセル。

「息子へ」「孫へ」「ひ孫へ」

いろんな人の思いがつまってる。

 

f:id:coper-stage:20170314124357j:plain

 

言っていることが違う!

そんな風には教えてもらっていない!

誰の言うことを聞けば良いの?

 

いろんな人からの色々な想いや意見。

 

受ける側は重たく感じたり、迷ったりするかもしれない。

でも、いろんな人が想ってくれているから、いろんな意見が出てくる。

いろんな意見に感謝して、いろんな人のことを想えるような人間に育って欲しい。

 

今はわからないかもしれないけど、時が経てば「小学校入学祝いのランドセルには、いろんな人の想いがこもっていた」とわかってくれるはず。

 

伝えたい想いがあったり、言っておきたいことがある時は、余計なことは考えずに躊躇せずに想いのままに言葉で伝えよう。

いろんな意見が人を育てる。

これは、FJK和田さんの講座に参加させていただいた時の珠玉の言葉。ありがとうございました。

[レポート] 3/11(土)「〜子育てパパの新ライフスタイル提案!〜 家族も自分も笑顔になる『父親力』講座 in宝塚市」 | 活動レポート | [FJK] NPO法人ファザーリング・ジャパン関西公式サイト

 

自分の子どもや、塾に通う生徒たちに

想ったことをドンドン伝えていきます。

人と言っていることが違っても伝えます。

みんなが混乱するかもしれないけど伝えます。

ボクしか言わないようなことをあえて伝えます。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

「自分のコピーが欲しい」と【妄想】したことありますよね?

自分一人できる事は限られている。

コピーロボットが欲しいと思った事は何度もある。

f:id:coper-stage:20170310005255j:plain

 

宝塚市の進学塾ステージで塾長をやっている、石井克馬です!

ボクが直接指導をしている「自立学習コース」満席のため、いったん入会受付を締め切らせていただきました。

 

他人にお願いするのは面倒だから、自分でやってしまえ!

コピーロボットで何も言わずにわかってくれる分身が欲しい!

↓おもわずポチりそうになりました(汗)

ROBOT魂 コピーロボット (1号)

ROBOT魂 コピーロボット (1号)

 

自分のコピーという簡単な方法では解決できない問題。

そんな 満席問題が出た自立学習コースとは↓

「いつ来てもOK!何の科目を勉強してもOK!」という通い放題コース

 

生徒自身の自主性をできる限り尊重し、自由に学び、得た知識と経験から、

生きる力を自分自身で身につけて欲しいという想いでやっております。

 

ボクが一人で指導しているコースなので、何人でも教えますとは言えません。

だから、コピーロボットが欲しいなんて思ってしまいました。

 

この授業は子ども達の意思を尊重しつつ進めているので、面白いことも沢山起こります。

 

休むためにお母さんのサインをもらう

テスト前に勉強を毎日がんばっていた生徒が、テストも終わり

「明日、休んで良いですか?」と聞いてきました。

*通い放題なので、来るのも休むのも自由。本来は確認不要です。

「休むなら、お母さんのサインをもらっといで!」と伝えました。

 

そしたら、持って来ました。お母さんのサインを!!(笑)

ぼかしを入れざるを得ないのですが、確実にお母さんの筆跡でした。

うん。大笑い。

 

 

小学校の内容に戻るぞっ!

中学生に数学を教えていた所、確実に小学校の内容を忘れていることが発覚!

少し厳しめの口調で授業をし、その日は意気消沈状態で帰った生徒。

次に授業に来た時は渡していたプリントを自分で解いて来て、成長の兆しを感じ、

「おっ!できるようになってるやん!!」と言うと照れ臭そうに小学校の時に使っていた教材を出して、自分で小学校の内容を復習してきたことをアピール

「小学校の内容を塾長にやんや言われるのは嫌やから」との事。

 

うん。嬉しい。

 

春休みが楽しみで寝られんかった。

こんな発言をしたのが、もうすぐ入試を控えている生徒。

「寝られへんかったから、過去問を解いてん!」と自主的に勉強していました。

点数も素晴らしく「おー!良いやん!!でも、なんで寝られんかったん?」と聞くと、

「春休みが楽しみすぎるねん♡」いやいや、受験はーーーーー?!

ちょっと前は、入試のプレッシャーで元気もなく大丈夫かなと心配していましたが、なんだかプレッシャーが一周して吹っ切れた様子でした。

 

うん。いい感じ。

 

いびつなプリント。

 自分で黙々とプリントを作成して解いている生徒。

その生徒が帰った後、机の上にはいびつな形をしたプリントの切れ端が残っていました。よく見ると、問題の解答と解説プリントの一部でした。

「解説に書いてあった大事な表を切り取ってノートに貼った」んだと思います。

その日にやったプリントをしっかりと机の上に置いて帰るキミ。

ちゃんと見ているよ!

 

うん。出来てる自立学習。

 

 書き出すときりがない、楽しい生徒たちとの授業。

もっと多くの生徒たちを授業をしたい!

でも、限界がきた。。

 

次の一手を考えます!

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

恋愛禁止で「やっているつもりの勉強」になってない?

受験生は恋愛禁止?

勉強が何よりも大事?

人を好きになってはいけない?

f:id:coper-stage:20170307134350j:plain

宝塚市の進学塾ステージで塾長をやっている、石井克馬です!

 

ここ最近、明らかに異性を気にしている身なりになってきた、とある生徒。

少し話をしてみると予想通り、気になる異性がいるとのこと。

 

勉強よりも大事なこともある。

 

気になる人がいて、告白もできずに悶々としている心の状態で、無理やり勉強をしてもあまり身につかない。それよりも白黒をつけよう!

結果が出ていないから悶々とする。悶々とした状態での勉強を「やっているつもりの勉強」と呼んでいます。

*「やっているつもりの勉強」=本人は無自覚で、本気のつもり。

 

同じ勉強をするんであれば、白黒つけて悶々とした状態を抜け出してからやる!

白だった場合は、ウキウキして勉強に身が入らない?

黒だった場合は、落ち込んで勉強どころじゃない?

 

でもね、白黒つけずに悶々とした状態で勉強をしていると、大きな問題である

やっているつもりの勉強では、成績が上がらない。」→もっと悶々。。(リピート)という最悪の状態になる。

 

集中できていない状態で机に座っていても大して効果はない。ましてや、やっているけど成績が上がらないというのは精神衛生上も良くない。

 

ボクが、恋愛に白黒つけて勉強した方が良いと思う理由

1)勉強できねー!→成績あがらない!→「そりゃ当たり前」と考える。

2)成績を上げたいから、上げる方法を考える!!→成績に向き合う

3)前向きな想いで勉強に向き合える!!!→強制ではない

*黒だった時は「ボク(ワタシ)には、まだ勉強がある!」と考える。

 

恋愛禁止って「人を好きになるな!」ってこと?それは無理じゃない?

無理どころか、「人を好きになるべき。」とさえ思う。

 

ボクも、ついさっき「看板の業者さん探しが出来ていない」と認めた途端、電話をして、明日の見積もりが決まりました!

昨日までは、片手間でなんとなくインターネットで探して、やっているつもりになっていた。やっているつもりの仕事になっていた(汗)

 

だから、まずは「あの人が好きだ」という気持ちを認めてみよう!

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

受験って、戦う相手が見えにくいんです。

どこまでやれば良いか分からない不安。

そんな時は、受験の先にあるモノを考えて前を見よう。

f:id:coper-stage:20170304005730j:plain

宝塚市の進学塾ステージで塾長をやっている、石井克馬です!

 

【高校受験を控えている生徒との授業中】

「志望校に合格しなかったら、進路を変える。(夢を諦める)」と言ったキミ。

小学生の頃からなりたいと言っていた夢だよね。

 

ボクはその夢を変えて欲しくない。

 

入試合格は目標であって、目的ではないはず。

夢に向けての通過点として受験を捉えて欲しい。

 

進路を変えるって話は「本気で合格するんだ」と自分自身を鼓舞している、例え話だというのは重々わかっている。

 

でも、「進路を変える。夢を諦める。」という言葉を口に出してはいけない。自分が発している言葉って、だんだんと現実になってくる。

  

だから「たかが受験。合格が目的じゃない!」と、口に出してみて欲しい。

 

その先にあるモノを、想いながら。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆

子どもたちに対する揺るぎない信念を持ちたい。

我が子に、生徒たちに、

「やりたいことをやっていいんだよ」

と言える信念を持ちたい

f:id:coper-stage:20170301004832j:plain

宝塚市の進学塾ステージで塾長をやっている、石井克馬です!

 

競争なんて必要ない。

やりたいことをやってほしい。

それは幻想なのか・・・少し、不安になりました。

 

 

息子の卒園に合わせて、同級生のお友達ファミリー(総勢20名以上?!)でおもちゃ王国へ行ってきました。

 

【ゴーカートでの競争】

お友達の二人が前のグループで、一人1台に乗って競争をしていました。

それを見てた、息子は「競争したくない」「パパと乗りたい」と言って、並んでいた列を離れ別のアトラクションへ。

f:id:coper-stage:20170301005053j:plain

*写真は公式HPから拝借いたしました。

 

競争を極端に嫌う息子。

親として、やりたいことをやりたいようにやってほしい。

 

でも、本当にやりたいことだけで大丈夫なのか?

競争は必要じゃないか?

甘えさせているだけじゃないか?

 

そんな不安な気持ちになりました。

同じ年の子ども達の中にいる息子を見ていたら、比べてしまっているボク。

 

育児や教育に正解がないということはわかっているし、ボクが保護者の方々によく伝えている言葉。でも、親として正解がほしいと不安になることがあるはず。

 

親として、塾長として、揺るぎない教育理念を持ちたい。

悩んで、不安になっても、信念だけは持ちたい。

 

最後まで、お読みいただき

ありがとうございます m(_ _"m)ペコリ

 

進学塾ステージ オフィシャルサイト

http://www.kobetsu-stage.com

 

Facebookやってます!
http://www.facebook.com/ishii.katsuma

あなた様の『いいね!』がボクの励みになります☆